新着情報

管理者: みよえみこ#A37113

2024年5月31日 12:31 PM

無駄は良薬。常備薬。

 

母(83)と長電話。

楽しい。

 

あちこち痛かろうけれど元気でいてくれて感謝。

高齢一人暮らしで心配だけれども、母から友達や住み慣れた環境を奪いたくはない。

母も同じことを言う。

友達と離れたくない。

住み慣れた家にいたい。

心細いときもあるけれど、あと少し、もう少しここにいたい、って。

 

母の元気の秘訣は、相思相愛な近所のお友達の方々。

母は老人会を2つ掛け持ち(笑)

週1回のリハビリ先や通院先でも仲良しがいる。

コミュ力が半端じゃないし、手先が器用で手芸は得意だし、園芸大好きで瀕死の花を生還させて育て増やしちゃうし、読書もして知的好奇心満たしちゃうし、

若い。

気持ちが本当に、若い。

 

カレンダーは予定(老人会とリハビリ、通院)で賑やかに埋まっている。

人に会う、人と語らうって、

趣味がある、生き甲斐があるって、

大切なんだな、と。

元気でいるのに必要不可欠じゃなかろうか、と。

母と話すと強く強く思う。

 

愛は自ら作り出すものなんだな、と。

生きる力は自分から作り出すものなんだな、と。

 

手芸も園芸も読書も時間がかかる。

人に直接会って話すのも時間がいる。

無駄と言ったら無駄かも知れない。

でも、その時間が楽しいならば、その無駄だって必要なわけで、むしろ、だからこそ、熟された心の栄養になっているんじゃないか、と。

 

その娘の私は街歩きが好き。

地下鉄の路線図を見て乗り継いで遊ぶのが好き。

Google地図は簡単にしか見ない。

でも町内地図は好き。

町内地図を探すのが好き(笑)

迷子上等(笑)

キョロキョロとあちこち見回して歩くと発見があって楽しくて…。

家族には私が老人になったらGPS埋め込んでくれ言ってある(笑)

 

楽しい。おもしろい。

そう思えることや、その気持ちは何よりの心の栄養、良薬じゃなかろうか。

ドラッグストアには売っていない。

お医者も出してはくれないし、出せない。

でも、ある。

みんな均等に持って生まれたはずのもの。

自ら増やせたり、無くしたりしているかもだけど。

 

常備してますか、その薬。

無駄を楽しむっていう、その薬。

 

 

 

Cancel Pop

会員登録はお済みですか?

新規登録(無料) をする