旬の春野菜、菜の花とモッツァレラチーズを組み合わせた一品。親世帯ではふだんのメニューに生のチーズを取り入れることは少ないかもしれませんが、ごく普通の材料や旬素材と合わせることで、ごはんとも相性のよいおかずになります。乳製品ならではの栄養効果にも期待ができます。

1. 尿酸を排せつを助ける乳製品を適量取り入れて

尿酸値が高い人は、痛風のリスクが高くなります。突然激しい痛みが起こる痛風は、関節の中に尿酸のかたまりが蓄積されることで発症します。


食事面での注意点としてはまず、プリン体が多く含まれる食品のとり過ぎに注意することです。プリン体は、レバー、かつお、白子、ビールなどに多く含まれます。


また、腎臓から尿酸を排せつさせ、尿をアルカリ化する野菜、海藻、きのこ類などを積極的にとることも重要です。さらに、チーズや牛乳など、乳製品に含まれる成分である「カゼイン」には尿酸の排せつを促す効果があるといわれています。適切に食事に取り入れることで、尿酸値コントロールを試みましょう。なお、乳脂肪のとり過ぎは要注意です。

尿酸を排せつを助ける乳製品を適量取り入れて

2. カレーそぼろのチーズ焼き|材料

今回はモチモチ食感のモッツァレラチーズを使ったレシピを紹介します。モチッとした食感でくせの少ないモッツァレラチーズは塩分が少なく、さまざまな料理に使える万能なチーズです。菜の花の茎が太い場合は、縦半分に切ると加熱したときのムラがなくなります。
 
*料理のエネルギー・ 塩分は1人分です。 
*野菜類は皮をむくなどの下ごしらえをすませてからの手順を説明しています。


材料(2人分)
合いびき肉……100g
たまねぎ……¼個
ミニトマト……2個
菜の花……8本
モッツァレラチーズ……80g
粗びき黒こしょう……少々
 
A
カレー粉……小さじ1
しょうゆ……小さじ½
みりん……小さじ½
塩……少々

オリーブ油……小さじ1


エネルギー 286kcal 
塩分 0.6g

カレーそぼろのチーズ焼き|材料

3. 作り方

① たまねぎはみじん切り、ミニトマトは4等分に切る。菜の花は半分の長さに切り、耐熱容器に入れてラップをふんわりかけ、電子レンジ(600W)で1分30 秒加熱する。
 
② モッツァレラチーズは5㎜厚さに切る。
 
③ フライパンにオリーブ油を入れて中火で熱し、たまねぎを入れて透きとおるまで炒める。
 
④ ③に合いびき肉を加えて半分ほど色が変わったら、ミニトマトとAを加えて炒め合わせる。
 
⑤ 耐熱皿に①の菜の花を並べて④をかけ、②をのせる。オーブントースターでチーズが溶けるまで3分ほど加熱し、粗びき黒こしょうをふる。
 
 
菜の花は同じアブラナ科の野菜であるブロッコリーで代用が可能です。さらに一度ゆでてある冷凍のブロッコリーを解凍して使用することで、茎の部分までやわらかく、手軽に活用できます。
 
ミニトマトの皮が気になる場合は、湯むきをしてから使用するほか、カットトマト缶やトマトピューレ、トマトペーストで代用することが可能です。

4. レシピ開発・調理者プロフィール

磯村 優貴恵(いそむら・ゆきえ)
管理栄養士、フードコーディネーター、薬膳インストラクター、健康・食育ジュニアマスター。大学卒業後、大手ダイエット専門のエステサロンにて、エステティシャン・管理栄養士として、お客様の体を内側・外側の両面からサポートする。働く中で、具体的に食事面から提案することの必要性を実感し、日本料理店やカフェの厨房、特定保健指導の仕事に従事したのち、独立。メタボ健診の特定保健指導で行われる栄養指導の経験をもつ。現在は、子どもから大人まで、家族みんながおいしく食べられて健康になれるようなレシピ・商品を開発するほか、執筆、講演会など、幅広く活動中。


料理撮影:さくらい しょうこ

この記事の提供元
Author Image

著者:MySCUE編集部

MySCUE (マイスキュー)は、家族や親しい人への介護やサポートをする、ケアラーのためのプラットフォームです。 MySCUE(マイスキュー)は、高齢化先進国と言われる日本が、誰もが笑顔で歳を重ね長生きを喜べる国となることを願っています。

関連記事

シニアの体型とライフスタイルに寄りそう、 2つの万能パンツ

2022年7月23日

排泄介助の負担を軽減!排尿のタイミングがわかるモニタリング機器とは?

2022年9月23日

暮らしから臭い漏れをシャットアウト! 革新的ダストボックス

2022年9月5日

Cancel Pop

会員登録はお済みですか?

新規登録(無料) をする